ヘッダー画像


本部が薦める融資とは関係のない金融商品をマニュアル通りに売りつけるばかりで、あなたの会社側の資金需要ニーズには応えてくれない…

バランスシートも読めなければ、地域情報も自分の足で稼いでいないから、融資のための案件組成など望むべくもない。銀行と金融マンの質の低下が止まらない…

銀行そのものの存在意義が問われるなか、それでも中小企業の経営者は、融資の為に我慢してメイン銀行と付き合っていかなければならないのでしょうか?
支援してくれる銀行を見つけることはできないのでしょうか?

事実、金融庁から貸付先の事業性から融資判断するように銀行自体の変革が求められているにもかかわらず、あなたの会社が付き合っている銀行は、運転資金の融資のお願いに出向いても、決算書だけで判断するだけ…肝心の事業の話など見向きもしてくれない…
自分の会社のこれからどうしたいのか?そのためにいくらの資金が必要だからとメイン銀行に相談しているのも関わらず何も聞いてもくれない…


そもそも「メイン銀行」って何なのだ?と不満に思われている経営者も多いのではないでしょうか?

『メイン銀行』とは、長い取引の中で信頼関係ができ、会社の入出金処理を任せてている言葉通りの自分の会社にとって主要に取引をしている銀行と言えます。
また、経営者さんの中には、もし自分の会社に不測の事態に陥った場合に支援してくれることが、メイン銀行の在り方だ!とお考えの方も多いと思います。

しかし、実際あなたの会社とメイン銀行?との関係はいかがでしょうか?

たとえ永く取引をしていた銀行さんといえど、実際、決算書が悪くなった場合には、積極的に支援してくれず、急に冷たい態度をとられた経験はないでしょうか?

業績が好調の時は、担当者が何度も訪問してくれますが、少し決算内容が悪くなれば途端に見向きもしてくれない…

さらに業績が悪化して、借入金の返済条件について相談をすると
「条件変更してあげても良いが、それでは融資は今後一切できなくなります。それで良いのですか?困りませんか?返済を続けた方が借入できるかもしれませんよ!」
「返済元金を猶予してあげます。返済しないのですからキャッシュアウトしないので融資と同じですが、しばらく当行からの融資はできませんが…」等、このような場面に遭遇した経営者さんも必ずいらっしゃったと考えます。

しかし、経営者の心配・不安は、目先の資金繰りも重要なのですが、それから後、『銀行が融資をしてくれるのか?』だと思いますので、この先融資はできません!と言われたら不安でいっぱいになる経営者さんも多いと思います。

『借入の条件変更したばかりに2度と借入できなくなることは本当?』と会社の顧問税理士さんに相談したら、『銀行がそう言うのであれば』と資金繰りが厳しいなかで、止む無く返済を続けている経営者さんもいるかもしれません。


真の大事は、これから先どうしたら良いのか?が知りたいのに、誰も教えてくれないので、不安を抱える経営者さん!


会社の状況毎に最善策が理解できる!取引銀行とのつきあい方に特化したセミナーを開催いたします。


セミナーの第1部として、顧問の税理士さんでは決して教えてくれない銀行と貸付先の財務のチェックポイントを理解しながら、あなたの会社主導で融資判断される銀行とのつきあい方=今だからこそできる!借入返済負担を軽減した上での融資の受け方など真に支援してくれる銀行の見つけ方・作り方を説明いたします。

そして、第2部では、たとえ銀行からの借入を返済できないだけで、会社をつぶす必要などない=もしもの場合に備えたスキームを説明いたします。
一番の要点は、いかに現在の問題点を解決した上で復活ストーリーを実行できるのか?事例を交えた再生スキームがより深く理解できます。

参加ください

Q:資金繰りが厳しくて毎月の銀行返済困難だ。もしくは条件変更中だがこれから先どうしたら良いのか?わからない…リスケしてたら新規融資は、無理でしょう?


A:国の施策として条件変更中の会社でも業績の改善が見られる中小企業には融資を検討するように金融機関に指示しています。弊社にご相談いただいた企業の中にも、たとえ条件変更中でも融資実行を受けた会社は沢山あります。


Q:消費税や社会保険料が納付できないので相談にいったら必ず1年で延滞を解消しなければ強制執行するといわれたのだが?


A:資金繰りが厳しくて、消費税も社会保険料の納付分を仕入・固定費の支払に充ててしまったということは既に過去のお話です。現在、会社に資金がなければ、決して納付できません。重要なのは資金繰りを考慮した上で、無理のない分割納付を依頼する方法を知っておくことです。

Q:資金繰りが厳しくて、銀行から借りたお金が返せなくなった。顧問の税理士に相談したら、「大変なことになる」と言われたが、借入返済が不能に陥ったら倒産するしかないのか?


A:銀行から借りたお金が返せなくなったこと=倒産となる訳ではありません。借入金が返済できないことでドラマのように身ぐるみ剥がされる訳でもありません。倒産とは社長が会社経営を諦めた時です。今では債権カットの方法や国の施策を利用したいろいろなスキームもありますので、将来を悲観する必要はありません。これからどうするべきか?です!



現在、赤字・債務超過・借入過多の中小企業の今後のスキームも拡充されているのですが、銀行の担当者さんをはじめ、税理士さんでさえご存じないないばかりにかえって事態が悪化することも多いのですが、一番残念なことは、社長さんが適切なアドバイスを受けられないことと言えます。

実際に何の情報も得られていない中小企業経営者にとって、最新の情報をどう取得し、どう自社の施策に織り込んでいけば良いのか?誰にも教えてもらえず悩んでいる社長さん!
資金調達・債権カットのスキームは、国の政策をうまく活用しながら、ギリギリまで行動を躊躇するのではなく、出来るだけ早期に着手することが重要です!



プログラム

第1部

メイン銀行って何?支援してくれる銀行の見つけ方・作り方


第2部

銀行返済ができなくなった時でも事業を諦める必要はない!


日程・会場
東京オフィス

日程:2017年9月25日(月)10月6日(金)


時間:13:30~17:30(開場 13:00)


定員:12名


費用:5,000円(税抜)


場所:株式会社エクステンド 東京オフィス


新住所:東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階


※東京オフィスアクセスページ

東京メトロ銀座線「新橋」駅 徒歩3分
JR・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅 徒歩2分


講師プロフィール
鈴木誠司

株式会社エクステンド


コンサルタント 鈴木 誠司


前職大手住宅メーカーでの営業トップの実績からFC本部のSV(スーパーバイザー)にスカウトされた経験で、法人毎の特性に合わせた売上・利益アップの指導に強みを持つ。また、その長い建築業界の経験に留まらず、他の業種・業界において、中小企業経営者の資金繰り・財務管理と銀行対策に関する沢山のノウハウとリスクヘッジ策を基に事業を再生させてきたオールインワンの提案力に自信があります。

著作『住宅販売会社の経営改善』発行元(株)同友館



お客様へお願い

※本セミナーは、参加人数を少数にて、事例を多く取り上げながらその解決方法をご提供いたしますので、税理士様、士業様、コンサルタント会社様のお申込はご容赦ください。


『いつも銀行に振り回されてばかり…』を根本から変える経営

価格(税込)
¥5,400
定員一杯につき受付を終了いたしました。

お支払方法

お支払方法

お届け時期

お届け時期

返品について

返品について

送料・配送について

送料・配送について