ヘッダー画像



経営者が企業経営のための資金調達で欠かせないのが、「銀行融資」になります。

銀行融資の際に、ごく一部の代表者を除き「連帯保証人」となり、「連帯保証債務」を背負うことになります。

業績が好調な時は積極的な借入が多くなり経営者の気持ちも大きくなりがちになりますが、逆に業績が悪い時は新規融資や返済がきちんとできるかどうか、資金繰りのことで頭がいっぱいになるのではないでしょうか。

つまり、経営者は自社の健康状態を把握していきながら好調時も悪い時も、借入ができるかどうかだけでなく、返済時のことを考えておく必要があります。その時になって「返済」や「連帯保証債務」を考えても、遅いということになりかねません。

また事業を後継者へ引継ぐ際にも、連帯保証債務の問題をどの様に解決すべきかを経営者として知っておかなければならないのではないでしょうか。

このセミナーに参加することで、自分の会社の現在の状況に合わせた形での企業防衛術を身に付けることで、会社及び連帯保証をしている経営者の家族をお守りしていく術をお伝えさせていただきます。


複雑な連帯保証債務

銀行融資では経営者が連帯保証人となることは普通ですが、経営者の多くが連帯保証債務の内容を知らないで金銭消費貸借約定書にサインをしているのが現実です。

また、連帯保証は民法第896条により相続財産になることを知らない方が多いです。

さらに連帯保証を相続したくない場合、相続放棄をすればよいのですが、相続の第二順位である親、第三順位である兄弟姉妹まで相続放棄をさせなければ、そこまで迷惑をかけることも知らない経営者が多いのではないでしょうか。

このように複雑難解なのが連帯保証債務です。

そして経営者や後継候補者に万が一のことが起こった場合でもリスクマネジメント策を取組むことで事業継続をはかることが可能にならない限り、銀行以外の利害関係者にも迷惑を掛けてしまい企業の社会的責任を全うすることができなくなります。





当セミナーでお話する10個のポイント
 1.連帯保証債務の民法での意味を理解する

 2.連帯保証債務は相続財産であることを理解する

 3.業績が悪化した時の銀行の対応

 4.経営者が急逝した時の銀行の対応

 5.事業承継時の銀行の対応

 6.経営者不在時の財務インパクトを理解する

 7.信用保証協会と日本政策金融公庫の団体信用生命保険を理解する

 8.債務者区分・正常先の、生命保険における必要保障金額を理解する

 9.債務者区分・要管理先以下の、生命保険における必要保障金額を理解する

 10.個人の生命保険で自宅を守る方法




次の一つでも当てはまる企業はセミナーにご参加ください。
 1.融資残高がなかなか減らない会社

 2.自分の会社の必要保障金額を明確に把握していない会社

 3.融資はいつも信用保証協会付融資対応になっている会社

 4.連帯保証債務の実態を知りたい会社

 5.事業承継を考えている会社





プログラム
 第1部 連帯保証債務の基礎知識

 第2部 事例

 第3部 事業継続と家族を守るための方法






日程・会場
AP浜松町

会場:東京


日程:2015年12月 3日(木)


時間:13:30~16:00(開場 13:00)


定員:30名(先着順)


場所:KCDホール 大門


※KCDホール アクセスページ

「浜松町駅」北口より徒歩4分




AP浜松町

会場:大阪


日程:2015年12月11日(金)


時間:13:30~16:00(開場 13:00)


定員:20名(先着順)


場所:本町センタービル館 1号室(地下1階)


※本町センタービル館 アクセスページ

地下鉄「本町駅」より徒歩約5分




AP浜松町

会場:福岡


日程:2015年12月15日(火)


時間:13:30~16:00(開場 13:00)


定員:20名(先着順)


場所:博多駅前センタービル4F

※博多駅前センタービル4Fアクセスページ

JR博多駅「博多口」より徒歩5分





福岡

会場:名古屋


日程:2015年12月17日(木)


時間:13:30~16:00(開場 13:00)


定員:20名(先着順)


場所:ウインクあいち


※ウインクあいち アクセスページ

「名古屋駅」より徒歩5分




講師プロフィール
篠崎

株式会社 しのざき総研


代表取締役 篠崎啓嗣(しのざきひろつぐ)
株式会社フィナンシャル・インスティチュートパートナー講師


経歴:
東京経済大学経営学部卒業。群馬銀行入行。在籍期間10年の内8年半を融資渉外係として従事する。
在籍期間中に法人500社、法人融資案件800件を取り扱う。
特に、信用保証協会付き融資は北関東3県の協会と付き合い、500案件をこなす。
金融機関による貸し渋り・貸し剥しが横行し中小企業が次々と倒産に追い込まれる中、担当した企業を1社も潰すことなく業務を遂行し退職。
日本生命相互会社、株式会社損害保険ジャパンを経て独立。
株式会社フィナンシャル・インスティテュート コンサルタントを経て
平成26年2月 株式会社しのざき総研を設立。


書籍一覧




具体的な相談をご希望の方へ

なお当説明会では、説明会終了後、希望の方へ無料相談会を行います。


資金繰りは厳しいがどうしたらよいか、銀行からこう言われているがどうしたらよいか、そもそも自社の経営をどのように進めていったらよいかなど、経験豊富なコンサルタントによる相談会にもぜひ、ご参加ください。


個別相談をご希望の方は、「無料相談を同時に申込む」を選択していただきカートに入れるをクリックして下さい


お客様へお願い

※また当セミナーは、経営者・財務担当者向けのセミナーであり、経営者・経営幹部・経理財務担当者のみ参加可能とさせていただきます。コンサルタントの方や士業等専門家・保険関係者の参加はご遠慮いただいておりますのでご了承ください。





銀行融資(連帯保証債務)から考える企業防衛術

価格(税込)
¥3,240
定員一杯につき受付を終了いたしました。

お支払方法

お支払方法

お届け時期

お届け時期

返品について

返品について

送料・配送について

送料・配送について 送料・配送について